便利なグッツは活用しよう!UVケアの色々なグッズ

UVケアをするための商品は、日焼け止めクリームだけではありません。スポーツする人にはオススメの、UVスポーツサングラスという商品があります。

紫外線は、角膜炎や白内障といった目の病気にもなりやすく、目の水晶体を傷付けた場合は日中は光が眩しい・夜になると光が足りないといった症状が出てきてしまいます。

そして、目が日焼けするという事は、肌が日焼けする原因にもなるのです。それは、目に紫外線が当たると、



が出て、肌に直接紫外線が当たっていなくてもシミやソバカスが出来る原因になるのです。

炎天下の中、紫外線を長時間浴びる野外でのスポーツの場合は、必ずUVスポーツサングラスを付けるようにしましょう。

その他にも人気があるグッズといえば、やはり帽子。

しかし、UVケアをしたいが、UVケア用の帽子はファッション性にすぐれていない、オシャレな帽子を購入したが、ただの帽子だからUVケアがしっかり出来ないという声が今まではとても多かったと思います。

しかし、最近のUVケアの帽子は、大きな変化をしています。顔全体を隠しながらも、十分オシャレなデザインになっている帽子が増えてきました

顔だけではなく、首回りもしっかり隠してくれる帽子が多く、日差しが強い日でも安心して外出出来ます。

カラー展開も多く、リボンが付いたものなど、女性らしい可愛いアイテムも色々あるので、自分の求めていたUVケア帽子と出会える事でしょう。

そして、最近UVケアグッズとして、より見かけるようになった商品が、アームカバーです。

アームカバーは本当に色々な種類があり、外出時に気軽に付けられるものから、車の運転時に付けるもの、野外のスポーツをするために作られたものなどが機能性も分けられ作られています。

油断出来ない車内の紫外線

スポーツ用のアームカバーは、抗菌防臭機能になっていたり、腕を大きく振り回してもずれないようにクリップ機能が付いているので、アームカバーを気にすることなく、のびのびとスポーツを楽しむ事が出来るようになっています

デザイン性にすぐれたアームカバーも大人気で、ボーダーやドット柄など女性が好むデザインや猫のシルエットなど個性豊かな柄も取り入れられています。

もちろんカラーバリエーションも豊富なので、コーディネートしたい場合は、値段の安いものをいくつか購入し、その日の気分やファッションに合わせてアームカバーも変えていくと、楽しくUVケアが出来て良いかもしれません

ショッピングに出かけた際は、UVケアグッズをチェックしてみましょう。


UVケアには必需品!注目アームカバー

焼けたなぁ!と思う時、私は腕の赤みを見て、一番実感します。



それを守ってくれるのがアームカバーです。最近では、夏場は特に女性がアームカバーをしている人が多くなったと感じます。

それだけUVケアが注目され、美に対しても女性が意識する時代なのでしょう。

アームカバーは、様々なものが販売されています。中でも夏に半袖やタンクトップを着ても肩までスッポリ隠れるほどの長い丈のものがやはり良いでしょう。

アームカバーと半袖の間にすき間があり、そこの部分だけ日に焼けて色が変わってしまったという経験がある人も少なくないと思います。

そうならないためにも、長い丈のものを使って、肌全体をガードしましょう。

アームカバーをするのなら、腕全体を隠して美肌を徹底してコントロールする事が重要です。

腕全体をカバーする事が出来るアームカバーですが、便利な事に指先が空いているので、外で庭仕事や自転車での移動、買い物に行った時でもアームカバーを取らずに済み、小銭も簡単に取り出せる優れ物です。

柔らかい生地のものや厚みのある生地など、それぞれですが、自分の肌に合わせて選ぶのがポイントです。

私は、綿100パーセントの生地が滑らかで肌触りが良く好きなので、必ず素材をチェックし、綿100パーセントの商品を選び、ストレス無く使用しています。

最近では吸湿即乾の商品もあり、汗をかいてもすぐに吸収し、汗を外に出し、サラリと快適に使用出来るように作られているので、アームカバーをしていても不快感を感じずに使用出来るようになってきました

洗濯物を外で干す作業や愛犬との散歩、ガーデニングなど、短時間で家に入ると思っていても、ついつい長い時間かかってしまい、紫外線を浴びている時間があります。アームカバーは、



中には、99パーセントをカットという商品もあるので、紫外線をとことんカットしたい人にはオススメです。

値段は数百円の商品から、高いものだと一万円以上するものまで様々で、デザインも、腕にピッタリフィットするものから、ゆるゆるデザインのものと目移りしてしまうほどあります。

レースをあしらったものや、リボンが付いたものとファッション性も兼ね備えた商品も多いので、ちょっとした女性へのプレゼントにも喜ばれると思います。

車を運転する際は、知らないうちに腕が紫外線に攻撃されている状態なので、必ずアームカバーで肌をガードし、UVケアを心掛け、白い肌を自分自身で守っていきましょう。


紫外線カットフィルムについて

紫外線は部屋の中や車の中でも、容赦なく攻撃してきます。私たちは暑かったり、まぶしいという感覚がないと、なかなか紫外線の攻撃を受けていると自覚できません。

しかし実は部屋の中でもガラス越しにも



のです。そこで紫外線カットフィルムを貼ることで、部屋の中や車でも安心していられるようになります。そんな紫外線カットフィルムについてのご紹介です。

紫外線カットフィルムの魅力は、やはり窓から入る紫外線の予防がしっかり出来るという点です。

思ったより紫外線を通してしまう窓のガラスやカーテン。カーテンをしていても、意外と紫外線は侵入してきます。

特にUV-Aは冬や朝、UV-Bは日中や夕方にたくさん降り注ぎます。家の窓の場合は部屋の向きなどによっても注意すべき紫外線の種類は違ってくることにも。

UVカットのためのフィルムはUV-AもUV-Bも防いでくれることができるので、部屋の向きなど関係なく貼るだけで紫外線をカットすることができるのです。



経済的に紫外線カットフィルムを窓に貼りたい場合は、自分で貼ることもできるのです。車なども自分で貼る人もいますが、家の窓だって自分で貼ることができます。

それによってコストはグーンと低下します。日曜大工用品など扱っている店で購入できるので、挑戦してみてはいかがでしょう

さて紫外線フィルムの効果ですが、商品によって効果にもクラスがありますが、現在99%カットできる紫外線カットフィルムもあるので、是非効率の良いものを選びたいものです。

また紫外線だけでなく、台風で物が窓に当たったときや、地震などのときにガラスが割れることがあります。

そんなときでもシートが貼ってあることで散らばらずに安全です。また泥棒よけにもなるのです。

窓から侵入する場合、紫外線カットフィルムを貼ってある窓はどうしても避けられがち。泥棒よけはちょっとでも侵入しにくいと感じさせることなのです。

このように紫外線カットフィルムは本来の目的はもちろん、いろいろな魅力があります


紫外線カットはカーテンでも効果を発揮

紫外線カットのために、窓にもカーテンをしている人は多いと思います。

しかし窓際にいるだけで、日焼けをしてしまったという体験を持っている人も多いのではないでしょうか。実際は



と言われています。そのため紫外線をカットできるカーテンを使って、紫外線をしっかりカットしたい場合は紫外線カットカーテンが注目されています。

紫外線カットのレースカーテンは可視光線を通して明るさはしっかり確保し、紫外線を吸収したり、反射させる効果があるものです。

紫外線カットカーテンでも、そのカット効果は60%のものもあれば90%以上カットできるものもあります

カーテンの素材によってカット割合は変化するため、紫外線カット率の高い生地で作られたカーテンであれば、紫外線カット率はグーンと高くなり99%以上というものも。

明るさを通す生地であっても、やはりレースのように外がはっきり見えたり、明るさが強く感じられることはありません。

そんな中、今人気のある紫外線カットカーテンは、レースでありながら90%程度の紫外線カット率タイプのものも出回っています


ただし紫外線カット率の高いカーテンの中でも、徹底的にカットしようと思っている場合は、レースより薄生地タイプがおすすめです。

徹底的に紫外線カットを意識するならやはりレースより良いでしょう。

レースでなくても、例えばウエディングのベールのような軟らかく薄い生地なら涼しげで、明るさも十分感じられ、ドレープなどのデザインによってはより涼しげになります。

またレースタイプの生地を使い、ドレープを多く入れることでカット率を高くするという場合もあります。例えば通常一番多いタイプは、ドレープの量が約1.5倍程度です。

しかしドレープを2倍にすることで、重なる部分が多くなり紫外線カット率も高まります。

しかし見た目はレースなので涼しげで明るく感じるというものです。このように使用する生地によってもカット率は違いますが、ドレープの量で調整することもできます


日傘の効果は?

最近は男性も持つ人が増えてきたという日傘。やはり帽子は被りたくないという人や、帽子より広い領域で日除けができるということから日傘はとても人気あがります

また夏だけでなく冬でも日傘を差している女性も多く見られるようになりました。

しかし現実に日傘の効果はどのぐらいあるのでしょう?確かに日傘に使われている布にはUV加工が施されており、商品によって違いますが、大体99%紫外線を避けることができるのです。

そして日傘の色によってもカット率は違ってきます。日傘はやはり爽やかで涼しげな白っぽい物が人気ですが、やはり紫外線カットの面から考えると黒や銀がおすすめです。

また普通の雨傘でも色などにもよりますが、大体80~90%は避けることができるとも言われています。

しかしだからと言って安心することはできません。紫外線は地面からの照り返しや回りの建物からの照り返しなど、単に上からだけではないのです。

ましてアスファルト道路が整備されている日本では、ほとんどの道で地面からの照り返しが強いと言われています。

つまり傘自体の紫外線カット率と、日傘を利用したときの紫外線カット率はまったく違ってくるのです。そのため日傘だけでUV対策をすることは難しいと言えます。

目から入る紫外線は目だけでなく、顔や脳にも影響を与えると言われており、サングラスも重要なUVカット対策には欠かせないグッズの1つです。

他にもUVクリーム、UVカット加工した長袖のカーディガンや長手袋など、日傘だけに頼らないことも必要だと考えましょう。


uvカットスプレーの効果について

紫外線の脅威は多くの人が意識するようになり、帽子、手袋、長袖の羽織るもの、日傘などを使用する人も増えています。しかし実はそれぞれuvカットがしっかりされているでしょうか。また



それらを一生懸命紫外線ケアのためにと使用しても、思ったような効果が出ないことも。そこでおすすめなのがuvカットスプレーなのです。

スプレーするだけで紫外線を95%以上カットできる商品が人気です。通気性を損なわずに繊維の紫外線防止ができるのです。

日傘だからって安心していませんか。現在その日傘はどのぐらいの紫外線カット率があるでしょう。購入してからだいぶたっていませんか。帽子やロング手袋なども同じことが言えます

またお部屋のカーテンは紫外線カットタイプですか。そうでないとレースからどんどん紫外線が部屋に入ってきているのです。

もし紫外線カットタイプでないなら、uvカットスプレーを利用して紫外線カットタイプのカーテンに変えてしまいましょう。

uvカットスプレーの特徴としては、まず紫外線防止効果があります繊維1本1本に薄紫外線吸収素材をコーティング。それによって紫外線UV-AやUVーBの95%以上をカット。

衣料などの通気性はそのまま変えることがないのも嬉しいところです。他にも色あせ防止や薄手のものにもOK。

特にポリエステル、麻、ウール、シルク、綿など、どのタイプにもスプレー出来ます。

その上、太陽熱線のカットによって、例えばカーテンなどにスプレーした場合は部屋の温度を下げて涼しくしてくれます。

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)