正しく理解してますか?SPFを理解しよう

よくUVカット商品に書かれたSPFの文字、この意味は



日焼けや皮膚がんなどに直接関連してくるUV-B波から肌を守る強さを示す数値になります。数値が高いほど効果はありますが、それだけ肌への負担も大きくなります

SPFの値が大きければ大きいほど、毒性のある紫外線吸収材が多量に含まれているのです。SPFは1~50まであり、この数字は紫外線を浴びた際の



です。日焼け止めクリームを使用しない場合、約20分ほどで肌にダメージがかかり始めます。このダメージがかかる20分をSPFの1つの単位とした設定になっているのです。


SPFの意味を知って上手にUVケア商品を使い分け

日焼け止めを使用するときに、どのような基準で日焼け止めクリームなどを購入しているでしょうか。

とにかく一番数値の高いもので、しっかり日焼け止めをすればいいと思っている人も多いようです。

しかしUVケア商品には「SPF50+・PA+++」のような数値が書かれています。この意味をしっかり知っていないと、うまくUVケアができません。

SPFとはサンプロテクションの略で、紫外線防御指数と言います。紫外線を浴びた場合、皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に延ばせるかを表しています

SPFはいわゆるUV-B波を防ぐ効果があるという意味です。肌を赤くしたり、ぱんぱんになる焼け方を防ぎ、皮膚癌などの原因をカットします。

例えばSPF30というのは、肌が赤くなる時間の標準時間が20分と言われているので、20分×30ということになり、



なのです。SPF50までありますが、この場合であれば20分×50で1,000分間は皮膚を赤くせずにUV-Bから守るということになるのです。

しかし肌への負担も非常に大きいので、



例えば通常の家事などで、例えば洗濯物を庭やベランダで干したり、近いお店にちょっと買い物に行く程度ならSPF15~20で十分です。

ドライブや海や山などのレジャーなどで、長時間紫外線に当たるというときには、SPF30以上を選ぶといいでしょう。

30なら600分間(10時間)は皮膚が赤くならない程度の効果があるわけです。もっとしっかりカバーしたいならSPF50がおすすめ。

SPFに数値だけでなく+が付く場合もあります。例えばSPF50+の場合は肌が赤くなる標準時間約20分の50倍以上となります。

数値は1~50までなので、それ以上は+を付けて表します。SPF50+はUV-B波に対して最強に長時間肌を守るということに。

SPFに付く+は一般的なUVケア商品では1つです。ちなみに+の数が多く付くPAはUV-A波から守る数値となります。


紫外線の防御率

SPFは皮膚一平方センチメートルのうち2ミリグラムの日焼け止めクリームを塗った際に表れる効果だと言います。

SPFの数値は上限が50となっていますが、高い効果を期待して高い数字の商品を購入しても、汗で流れてしまったり、肌の弱い人や敏感肌の人は肌荒れの原因になることも考えられます

SPF10以上の製品の効果は、



という意見もあります。オーストラリアでは、紫外線の増加が国で大きな問題となっていますが、SPF30以上の製品は認められていないのです。

その理由は、肌に負担をかけ、それ以上の数値を使っても意味がないから、という事なのです。

紫外線が多い季節はSPF30ほどの商品、紫外線が少ない時期だとSPF20ほどの商品で十分紫外線対策が出来るでしょう。

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)