想像以上にヤバイ!UVケアをしていますか?

あなたは紫外線対策「UVケア」をしていますか?紫外線に関する情報は多少はすでに持っていると思います。

シミの原因にもなりますし肌の老化の原因にもなる紫外線。もちろん美白を阻害する存在でもあります。

多くの女性は紫外線に敏感に対応していると思いますが「一日中外に出るとき」「夏に海水浴場に出かけるとき」などは対策している人も多いですが紫外線は年中あなたに降り注いでいる事を忘れてしまっています


そして万全な紫外線対策をしていると思っている人も多くの人が忘れている場面、忘れている個所があります

このサイトでは紫外線と言うものの説明と様々な紫外線対策を掲載しています。

美白を目指す人、肌の老化を防ぎたい人、シミなどを作らないようにしたい人などしっかりと確認して頂ければと思います。


年中紫外線は降り注ぐ

紫外線は目に見えません。そして短時間浴びただけではその弊害は直ぐに現れません。しかし、日中家の中にいても、曇りの日でも、冬でも
  


UVケアは常日頃から行わなければ少しづつでも着実にあなたの肌を痛めおり着実に蓄積されています。その弊害が現れるのがどれくらいかは分かりませんが確実に現れてきます。

UVケアはやればやっただけ効果があります。つまり早ければ早いほど良いのですがいつ初めても遅いという事は無いのです。

今から初めてもこれからの分は確実に効果を表します。それに気づくか気づかないか、



なのです。正しいUVケアの方法などを多数紹介していますので参考にしてみてください!


紫外線による人体への影響

紫外線はいろいろな部分に影響を与えてしまいます。例えば皮膚のシミ、しわ、そして命にかかわる皮膚がんなどのリスクも高まります

他にも目の病気にも注意しなければなりません。そこで紫外線による人体への影響について考えてみましょう。

もちろん紫外線には良い面と悪い面があります。紫外線によって骨の生成に不可欠なビタミンDが体内で合成され、血行を良くし、代謝を高め、皮膚の抵抗力を高めるなどの働きがあります。

紫外線を一切当たらなくなってしまったら、とても恐ろしい疾患にもなりかねません。

しかし最近は紫外線の悪影響が指摘されるようになり、注意すべき知識を持ち、紫外線と仲良く付き合うことが重要になってきているのです。

まず紫外線には長波長紫外線であるUV-A、中波長紫外線UV-B、短波長紫外線UV-Cの3つの波長を特に注意することが大切だと言われています。

まずUV-Cは波長が短いことから、オゾン層を抜けて地上に届くことはないため一般的には心配ありません。

しかしオゾン層が薄くなったオゾンホールのある南極に近いチリ南部や北極に近いカナダ北部では、UV-Cによる皮膚障害が報告されています。

もしUV-Cを肌に受けると、細胞組織そのものを損傷させることになります。

一般的に注意すべきな波長はUV-AとUV-Bということになります。UV-Aは波長がとても長く、真皮まで達してしまうことからメラノサイトの活性化を促進によりシミなどの原因となっています。

また真皮の細胞に影響するため、コラーゲンなどの酸化も促進させてしまい、しわ、たるみなどのリスクも。窓ガラスも80%は通過すると言われているので、窓際は気をつけましょう。

UV-BはUV-Aより波長は短くなりますが、やはり一部は真皮まで届くこともあります。しかし大半は表皮に止まり、火傷のような日焼けを起こしたり、ひどくなると皮膚がんの原因にも

また黄斑変性症や白内障などの目の病気を引き起こすのもこのUV-Bです。そのためUV効果のあるサングラスは是非使用しましょう。

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)