髪が劣化する?髪の毛も紫外線からケア

頭は体の中でも一番太陽に近い場所にあります。私達は身体中に日焼け止めクリームを塗っても、髪の毛のケアまでしている人は少ないのが現状です。そのため、



のです。髪の毛は主にタンパク質で出来ていて、アミノ酸によるシスティン結合によって構成されているのですが、それが紫外線を浴びると分解してしまいます。

頭皮や髪の毛もメラニン色素が含まれているため、紫外線を浴びる事によって日焼けして、髪の毛の劣化が進んでしまいます

髪の毛が日焼けすると、まず髪の一番外側にあるキューティクルが痛みだし、パサついた髪になったりえだ毛や切れ毛が増えたり、髪の育成にも良くありません。


知られていない髪と紫外線の関係

紫外線を浴びる事で髪にも多くのトラブルをもたらしてしまいます。

紫外線以外でも、このようなダメージがあるので、この症状が紫外線からくるものだと気付かないでいる事も悪化する要素のひとつになってしまいます。

髪の毛は肌のようにダメージがすぐに現れるわけではありません。でも、現れた時には手遅れになっているのが恐ろしい事なのです。

特に気を付けなくてはいけないのは、カラーリングをしている人です。カラーリングをしている人は、



のです。髪の毛を紫外線から守るためには、やはり帽子や日傘を使用するのがポイントです。

そしてUV効果のあるトリートメントを使用するのも効果的です。UVカットが出来るヘアケアアイテムを取り入れ、上手に紫外線から髪の毛を守りましょう。


UVケアのための日焼け止めトリートメント

UVケアというとやはり肌が一番気になることですが、実は



紫外線は頭皮や髪を傷めるため老化も早めてしまうこともあるのです。

紫外線は地肌だけでなく髪の組織にも吸収されていきます。それによって髪を形成しているアミノ酸が酸化し、タンパク質であるケラチンが傷付きます。

髪を保護していることで知られているキューティクルは、鱗のように髪をしっかり守っていますが、このキューティクルも剥がれてしまいます。

それによってダメージを受けたタンパク質は髪の外に排出。そのため



また枝毛、切れ毛というトラブルにもつながってしまいます。

髪に紫外線攻撃を受けると老化が進み、抜け毛を誘発。夏が終わり秋になる頃から、夏に受けたダメージの影響がはっきり見えてくるようになります。

そのため秋に髪がバサバサしたり抜け毛、切れ毛が多くなることも。紫外線は髪の中のタンパク質の酸化、流出だけでなくメラニン色素も分解

そのため髪が日に焼けたという言い方をしますが、赤っぽいすすけた色になっていきます。その上、頭皮も当然紫外線攻撃を受け、皮膚細胞に傷がつきます。

保湿成分であるコラーゲンなども酸化し、頭皮の老化を引き起こすことにも

そこで髪を紫外線から守る、日焼け止めトリートメントが今注目されています。

紫外線によるいろいろな部分の弊害が今言われている中、UVケアの必要性は顔や体に止まらず、目や髪、頭皮などにも注意喚起されているのです。

日焼け止めトリートメントは特に髪を守る成分によるものですが、スプレー式のものはすすぐ必要なく、紫外線から髪を守ります。

髪に油分や栄養を補給するために、オーガニックマカダミアオイルや椿オイル、ホホバ種子オイル、オリーブオイル、メドウフォーム油、アーモンド油、シアバター、月見草油、アルガンオイル、シルクプロテインなどが配合されているものなど、それぞれの髪をしっかり紫外線攻撃から守るトリートメントが販売されています


帽子で紫外線から守る

紫外線カットグッズの代表的なものの1つが帽子です。炎天下の下でも元気に遊ぶキッズなどには欠かせません。

またレジャーや散歩などにもメンズ、レディース用の帽子は多くの人が使用していますが、帽子が好きでない人やヘアスタイルが気になるという人も結構います。

そんな人にはサンバイザーなどが人気です。帽子のつばはもちろん広い方が紫外線カット率は高くなります。

そのため頭が蒸れずにつばが広い麦わら帽子は昔から使用されていたもので、また最近人気が高まっていると言われています。

また最近では車や自転車を運転する女性に人気があるのがニット帽のようなものをすっぽり顔に被り、目と口だけが開いているようなUV対策帽子や、サンバイザーに顔をすっぽり隠すような布が付いているタイプなども人気があります。

これらのタイプは車や自転車の運転中は帽子だけでは、なかなか紫外線を避けることができないため、顔をすべて覆ってしまうという発想から出来た帽子です。

今、通販ではいろいろなアイデア帽子もたくさん出回っており、自分にあったものを探してみるのもおすすめです。

油断出来ない車内の紫外線

実際に普通の帽子のUVカット効果は、照り返しなどを考えると意外と低いものです

もちろん頭の部分に直に紫外線が当たらないことは、とても魅力的なUVグッズですが、現代は道や建物からの照り返しが多いため、どうしても帽子だけに頼ることはできません

そこで日傘や日焼け止めクリーム、サングラスなどをしっかり兼用することが大切だと言えます。


uvケアスプレーで髪を守る

紫外線は肌だけでなく、髪や頭皮にも大きくダメージを与えると言われているのです。

頭というと帽子を被ればいいと思う人もいるかも知れませんが、帽子からはみ出る部分や、帽子自体が好きでないという人、ヘアスタイルが崩れるから被らないなど、帽子だけに頼るわけにはいきません

そこで今注目されているのがUVケアスプレーなのです。

頭皮や髪の毛が紫外線にあたることで、抜け毛、切れ毛、カラーリングの色落ちなどいろいろなダメージが起こります

そのためヘアアレンジがしにくくなってしまうことも。もちろん紫外線によるヘアケアにはヘアオイルやアミノ酸系の栄養豊富なシャンプー、椿油などを使用することも心掛けたいところです。

しかし実際に紫外線をカットし、ダメージの予防をするにはやはり頭皮や髪を直接しっかりガードできるUVケアスプレーがおすすめです。

またUVケアスプレーには汗や水に強いウォータプルーフタイプ香りの重視タイプ子どもでも安心して使えるタイプ顔にも直接掛かってもOKタイプ手軽さ重視タイプなど、いろいろなタイプがあるので、自分にあったものを選びましょう。

UVグッズにはUVケアスプレーの他にも、日傘、サングラス、帽子、日焼け止めクリーム、UV手袋、UV服などがあるため、どれを使用するべきか迷ってしまうかも知れません。

しかしどれも1つで完璧なものはなく、そのときどきに合わせて幾つか組み合わせることでしっかり紫外線対策ができると考えましょう。

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)