かなり違う!紫外線から肌を守るUVカット加工

紫外線から肌を守るには、まず



です。最近、紫外線対策を行っている人が以前より増えている事から、とにかく「UVカット」と書かれている商品をよく見かけます。

UVカット製品には、二種類の製品が存在します。まずは「UVカット加工製品」これは、紫外線吸収材を生地を染める時点で馴染ませたり、製品が出来上がった後に紫外線吸収材を吹き掛けて仕上げた商品の事を言います。

繰り返し洗濯をしていく事により、UV効果は薄れていきます。コーティングタイプとも呼ばれています。

それから「UVカット素材」これは主にカーボンやセラミックといった繊維、無機物質や国が安全性を認めた有機物質を繊維製造の際に練り込んでいく方法の事を言います。

これにより、紫外線を上手に反射させることが出来て、肌に紫外線か届かないようすることが出来るのです。

紫外線をカバーする素材

UVカット加工製品が洗濯をしていく事で効果が薄れるのに対し、UVカット素材の効果は半永久的です。練り込みタイプとも呼ばれています。

一般的にポリエステルはUVカットに優れている素材と言えます。特殊な加工を施していない場合でも90パーセントは紫外線をカット出来るでしょう。

ポリエステルと同様、ウールもその1つです。逆に、綿やナイロンといった素材は紫外線の浸透率が高い素材と言えます。

紫外線を防ぐには、素材の色も関係してきます。一般的に黒、紺といった濃い色は紫外線を通しにくい事になっています。

逆に、白など淡い色は紫外線を通しやすいと言えます。紫外線をカバーするための知識として、覚えておきましょう。

ビニロンや羊毛、ポリエステルで出来た衣類はそれだけでもUVカット率は高めになります。

逆にナイロンや絹といった素材はポリエステルに比べてUVをカットしない素材なので普段着ている服の素材もチェックしてみましょう。

もちろん肌の露出が少ないものでなければ意味がありませんので素材のみならずデザインもあわせて確認しておきましょう。

紫外線対策としての服素材の差

紫外線対策として、UVカットの服がいろいろ出回っています。特に暑い夏でも肌を隠す長袖の上着やカーディガンなどもあります。

プールや海でも水着の上に羽織る薄いUVカット素材のパーカーや、洋服でも夏ものはUVカット系のものが人気です。

まず特別なUVカット加工がされていなくても、ポリエステルやウールは有害なUV-B波を90%もカットする効果があります。

ただしUV-A波のカット力は高くないため、UVクリームなどは必要です。そしてポリエステルなどは通気性が悪いため、夏は心地良い素材とは言えません

またナイロン、アセテート、綿などはUVカット率は低いので、加工をしたものが必要となります。



しかし加工をしていないものでも、生地の厚さがあれば浸透率はだいぶ低下します。またカラーも関係があります。

有害な紫外線の浸透率が一番低いのは黒。そしてこげ茶や紺などダークな色の方が、浸透率が低く、薄い色になるほど浸透率は高くなります。

例えば黒、ダークな色、空色、黄色、ピンク、オレンジ、白と順に浸透率は高まるのです。紫外線カット率は黒の場合90%弱に対して白は約40%強となっています。

そのため、UV加工をしていないものでも、黒い服をきることでだいぶ紫外線がカットされるのです。

またデニムは色も紫外線カット率が高く、厚手ということもあり、紫外線浸透率はたったの0.06%ととても優秀なUVカット効果があります

また製品となった服に紫外線吸収剤を吹き付けたタイプや、布を染めるときに紫外線吸収剤などを一緒に染め混むといった方法もあります。

ただしこれらは洗濯するたびに効果が低下していき、約1年程度で無効になると言われているのです。

また他にも合成繊維を作る時点でカーボンやセラミックなどを練り込むことでUVカット素材を作るというタイプもあります。

この場合は何度洗濯をしても有効に利用できると言われているのです。このようにUVカット素材でもいろいろな製法があり、価格的にも大きく違いが出ると言われています。

紫外線から守る服の色

夏の日差しを遮るのに適した色は黒や紺と言われても時期が時期なので暑苦しく感じてしまいます。涼しげな色で通気性の良い服装を好んでしまいがちですが紫外線を第一に考えれば



のです。

そして、どうしても黒い服を選べない場合にはUVカット加工をしている服を選ぶという事です。

黒い服は元々UVの遮断率が高い為、UVカット加工されてもわずかにしか遮断率は上がりませんが、明るい色の場合とは雲泥の差なので何着か用意しておきたいものです。

UV加工なしの遮断率


UV加工ありの遮断率

もちろん素材や織り方によっても遮断率は変わりますので一概には言えませんが



という事です。特に午前9時ごろから午後3時ごろまでの紫外線量に特に気を付け普段着は出来るだけUV加工されている服で作業する事が大事です。

家事や近所で買い物程度でファッション優先にする必要はないと思います。紫外線対策は日ごろの積み重ねが重要なので日ごろ何が出来るかを考えなくてはなりません。

服の色を変えるだけで、UV加工の服に変えるだけでかなり効果があるのですから変えてみるべきです!

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)