必見!目的に応じたUVケア化粧品の使い方

人は誰でも美しい肌のままでいたいと思うものです。美しい肌を保つにはどうすればよいのでしょうか?それは簡単に言うと、紫外線から肌を守る事です紫外線から肌を守るために必需品となるアイテムが



UVケア化粧品は、太陽の日差しから肌を守ってくれる重要な役割をしてくれるのです。

でも、ただUVケアの商品を肌に塗るだけで満足するのではなく、正しい知識を身につけ、納得した上で自分が選んだ化粧品を使用していくのがベストだと言えます。

目的に応じてUVケア化粧品を使い分けるのが良いでしょう。今日の外出の目的は何ですか?ただ出勤するだけですか?

野外に多くいる用事、旅行だとしたら旅行の内容によっても紫外線を浴びる量や時間帯が変わってきます。そういう事を考えながら、その日のUVケアを考えましょう。

友人と遊ぶ日、デートの日、一言で外出と言っても、ショッピングと野外でのピクニックとなればUVケアは全く異なります

UVケア化粧品には、肌を紫外線から守る成分が入っています。

その成分が、紫外線からよりガードしようとすればするほど強い成分になり、普段からそのような強い商品を使うのは、紫外線ケアには良いかもしれませんが、肌には良いとは言えないのです。

出来れば、紫外線を多く浴びると分かっている日には紫外線カットがしっかり出来るものを使い、紫外線をそこまで浴びない日は



のが良いでしょう。

日常生活、例えば買い物に出かけるだけ、通学・通勤程度だと、SPF10 /PA+程度のUVケアで十分と言えます。

日常生活よりも日射しを浴びる日、例えば野外で軽くスポーツをしたり、外でピクニックを楽しむ場合はSPF10~30/PA++の商品を使うのが良いです。

長時間炎天下の中で活動する場合はSPF30~50/PA+++という商品を使ってみると良いでしょう。

そして更に強い日射しを浴びる海外や長時間炎天下の中にいる状態の時、紫外線に特別過敏な人はSPF50/PA++++を使用してみて下さい。

UVケア化粧品を使用している人でも、通学・通勤等だけの日も、野外での活動と同じものを使用している人がとても多いと思います。

通学・通勤だけなのに、SPF30/PA++などを使っている人も少なくないでしょう。

目的はUVケアをしっかりしたいからという事なのでしょうが、UVケアがしっかり出来る商品は、その分肌には悪影響を及ぼすリスクもある事を覚えておき、


紫外線対策化粧品に使われる成分について

太陽から地面まで約290~400nmの波長の紫外線が振り注ぎますが、これらを避けるためには



そのため紫外線対策化粧品には、一般の肌ケア化粧品とは違った働きを持つ成分が配合されています

もちろん日焼け止め効果だけのものや、紫外線によって影響を受けた肌をサポートする成分などが含まれていたりといろいろです。そんな化粧品に使用される成分をご紹介したいと思います。

紫外線吸収剤
日焼け止め化粧品の多くに配合されていると言える成分です。紫外線吸収剤とは紫外線のエネルギーを自らの成分に吸収してしまうことで化学処理することができる薬剤です。

構造内に有機化合物が多く含まれているため、肌への刺激が強いと感じる人もいます。吸収した紫外線のエネルギーを熱や赤外線に変化させてしまうものですが、肌が熱くなることはありません。

当然化学反応を起こしたものは長時間そのままの状態を保つことはできず、分子レベルで壊れていくため、定期的に日焼け止めを付け直すとより効果的です。

紫外線のエネルギーは、化粧品にも化学変化を起こしてしまうこともあり、品質の低下にもつながります。つまり化粧崩れなどが起こりやすくなるのです。

そこで紫外線吸収剤をファンデーションなどに入れることで、化粧品本来の成分を化学変化から守るというメリットもあります。

紫外線吸収剤は透明なので白く浮くことがありません。また付けたときもなめらかさがあるので付け心地も抜群です。

またもう一つの成分である紫外線散乱剤と混ざると、SPF値も高くなりしっかり紫外線からガードします。日本の75%の紫外線対策化粧品が使用している紫外線吸収剤は以下の3つとなります。

4-tert-ブチル-4’-メトキシジベンゾイルメタン
【表示名称】 t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン)
主にUV-Aを吸収することのできる吸収剤で、UV-A吸収剤では一番人気のある、多く使われている成分です。

黄色い粉末で油には少し溶けますが、水やアルコールには溶けません。配合には制限がある薬品です。

パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル
【表示名称】 メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
UV-Bを吸収する成分です。薄黄色の粘りのある液体で、独特の臭いがあり油性です。日焼け止めクリームなどによく使われるシリコーン油ともよく合う薬品です。

UV-A防御効果のある成分と組み合わせて使われています。配合の制限がある薬品です。

2-ヒドロキシ-4-メトキシベンゾフェノン
【表示名称】 オキシベンゾン-3
UV-A、UV-Bの両方の紫外線吸収剤となります。白や薄黄色の粉末で油性です。高いSPFを出すときに使われる薬品で配合に制限があります。

紫外線散乱剤
紫外線を跳ね返す働きがあります。白色顔料が光りを反射するという作用を上手に利用して紫外線の害を肌から跳ね返すというものです。二酸化チタンや硫化亜鉛などが代表的な成分です。

これらはファンデーションにもよく使われるもので、ファンデーションやパウダーが日焼け止め効果があるのは、これらの成分が含まれているからとも言われています。

紫外線散乱剤は紫外線吸収剤のように化学変化を起こさないので、特に紫外線の種類はUV-AでもUV-Bでも対応できます

また有機化合物ではないため、肌にも優しいとも言えるのです。ただし、付けることで白く浮き上がるところがデメリットです。

そのためパウダーファンデーションを多く付けたようなイメージになりやすいため、紫外線吸収剤との組み合わせで配合されている場合がほとんどです。

天然成分
紫外線対策化粧品には紫外線をカットする成分の他に、日焼けによる肌トラブルを抑えるための天然成分もいろいろ含まれているものもたくさんあります。

例えば収れん作用は高い気温で毛穴が開き切ってしまうことを予防します。また紫外線による炎症を抑えるための消炎作用のあるもの。

天然の紫外線防止成分を含んだ成分。皮膚の新陳代謝を高める成分などがあります。これらは昔から使われている成分です。

【収れん作用としての成分】
ハマメリス、オドリコソウ、シラカバ、ダイオウなど、タンニンを有するもの。
【消炎作用としての成分】
カンゾウ、オウレン、シコン、西洋ノコギリソウ、ヒリハリソウ、アロエなど。紫外線防止作用としての成分はアロエ、マロニエ、β-カロテンなど(フラボノイド類を含有するもの)。
【新陳代謝促進作用としての成分】
ニンジンエキス、アロエ、シコン、リリー、ヘチマ、マロニエ、オオバク、ベニバナなどがあります。


紫外線から顔を守る

特に顔は長年の紫外線によって、光老化によるシミ、たるみ、くすみなどができるため、注意したいところです。

例えば一般のマスクを大きくしてUV加工をしたUVマスクは、顔の半分を隠すことができるもので街を歩くときなどサッと紫外線対策ができます。

またフェイスマスクフェイスカバーは確実に顔を覆うので、自転車や車の運転などのときにも便利です。

ただしどうしても隠す部分が多いためムレや暑さが不快に感じることもあります。ただし、しっかり紫外線から顔を守ることができるので紫外線対策としての効果は高いと言えるでしょう。

油断出来ない車内の紫外線

また化粧品などで紫外線カットを意識している女性も多いのではないでしょうか。

例えば下地クリームやファンデーションにUVカット効果のある成分が配合されているものも人気があります。

ノーファンデの場合でもフェースパウダーなどでしっかり紫外線カットをすることができます。

また意外と忘れやすいのが唇ですが、UVカット効果のあるリップなどを忘れずに使用したいところです。

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)