車は安全でない!油断出来ない車内の紫外線

紫外線には種類があるのをご存知ですか?UB-A波(紫外線A波)UB-B波(紫外線B波)があり、この二種類でも、ダメージは異なります。車の中は外と違い守られていると思いがちですが、



特に運転している人は太陽の日差しを感じやすいので、気になっている人も多いでしょう。

UB-B波は窓ガラスに吸収されやすいですが、UV-A波は窓ガラスを通過してしまいます。最近の自動車は窓ガラス自体にUVカットが施されています

運転時の日焼け対策


窓ガラスのUVカット

フロントガラスに関しては何かトラブルがあった時の事を考えて作られているので合わせガラスになっており、そのため99パーセントの紫外線をカットしてくれます。

サイド・後部ガラスは90パーセントUVカットが出来るようになっています。サイド・後部ガラス部分に強力なガラスを使用するのは技術的に難しいのです。

車内で紫外線を浴びるのは、サイドガラスが中心になってくるでしょう。90~99パーセントのUVカットガラスが使用されているからといって油断は出来ません。

フロントガラスでも100パーセント紫外線をカット出来ているわけではなく、サイドガラス、後部ガラスに関しては10パーセントはカット出来ていないのです。

この10パーセントの紫外線が長時間の運転で蓄積され、車内での肌への大きなダメージに繋がっていきます。カー用品でUV対策の商品が色々出ています。

フィルム状のUVシートは、のりなしで自由に何度も貼ったり剥がしたりが可能で、薄いので窓の開け閉めも自由です。

ガラスに塗るだけでUVカット出来る商品もあります。自分達の車に合った商品を探して車内での紫外線カットに役立ててみてはいかがでしょうか。


車にも紫外線カットは重要

車の中は驚くほど紫外線攻撃を直接受けてしまうところです。最近の車はUVカット効果のガラスを使用しています。

しかし少し前に発売された車にはUVカットガラスが使われていない場合もあります。また外国の高級車でもUVカットガラスになっていない可能性もあります。

またフィルムが貼ってあるタイプであれば10年程度で劣化して効果がなくなっていきますので注意が必要です。

またフィルムを貼る場合は、自分で貼ると空気が入ってしまったり、ヒビ割れなどで視界の邪魔になるという理由から車検に通らないこともあるので、プロに貼ってもらうようにしましょう

また価格的にはフロントと運転席、助手席の3面で約15000円程度。5面になると17000円程度と割安になります。

またUVカットガラス使用であっても



日焼けを避けたいならそれなりに日焼けケアをしましょう。紫外線だけが肌の劣化原因ではなく、長時間車に乗っている場合はどうしてもいろいろな影響を受けることになってしまいます。

他の紫外線ケアと上手に組み合わせましょう。また窓を開けて走った場合などは、横からの紫外線がどんどん入ってくるので注意しましょう。


運転時の服装でカバー

車を運転する場合首や顔をしっかり紫外線対策をしなければなりません。車はUVカットガラスを使用していても、やはり強烈な紫外線は降り注ぎます

そのためサンバイザーやアームカバーはもちろん目にはサングラス、肌はUVクリームなどしっかり対策していくことが大切です。

また首やデコルテ部分も強い紫外線攻撃に遭ってしまうため、変形サンバイザーで顔からデコルテまでしっかり隠してくれる紫外線カット専用帽子などを使用するのもおすすめです。

また腕も焼けるのでアームカバーや手袋を使用します。

このように徹底した紫外線対策をすると大げさのように感じるかも知れません。しかし車の運転はそれほど注意しなければならないほど、紫外線攻撃を受けてしまうのです。

運転席を含む前の座席のドアガラスには、ブラックフィルムは法律上貼れないため運転者がしっかり対策をするしかありません

また長袖のブラウスやカーディガンを羽織っている人もいますが、UVカットのものでなければ強い紫外線は肌へ浸透してしまいます。

そのためUVカット仕様の長袖のものを羽織るようにしてもいいでしょう。

また夏だけに限らず1年中紫外線は注いでいるので、特に車の運転時には対策を忘れないようにしなければなりません

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)