今だけでない!未来のためにUVケア

私の姉は、昔から紫外線対策を徹底していました。日焼け止めクリームはもちろん、アームウォーマーにつばの大きな帽子、日傘で肌を完全防備。大学生だった私は、姉の事をどこのマダムだよ?!と心の中で笑っていた事を思い出します。

姉の肌の隠し方は、その頃の姉の年齢である20代前半とは思えないファッションに見えて、私と同じ大学生なのに、ベアトップにショートパンツという露出の多い私のファッションとは大きく異なり、並んで歩くことに違和感すら覚えました。

でも、その時から姉は「10年後に大きく違いが出る」と話していました。姉は今でも透き通るような白い肌です。

ニキビのようにチョコレートを食べた次の日に肌の調子が悪い、体重のように数日食べ過ぎたら体重計の数字が増えている、こんな風にすぐに目に見えて現れるのなら誰もが紫外線対策を怠る事なく徹底するでしょう。

しかし、年中浴びている紫外線も目に見える変化がない事から浴びている実感がなく、気にもとめないというのが怖いのです。

30代になれば、紫外線対策を怠った人達に違いが現れて来る頃らしいのですが、20代前半若さを最大限に出して弾けていた私は、今後どんな変化が現れるのだろうと少し不安です。


一日でも早く気付く事が大事

UV対策を意識しだした20代後半、紫外線対策は諦めたら最後、いつ始めても良いから、始める事が大切と知り、UVケアを始めました。放っておけばおくほど、そのダメージはいずれ大きく出て、逆に頑張った成果は未来の自分の肌に帰ってくるという事なのです。

スタートはいつだとしても、その効果は10年後、それより先かもしれませんが必ず表れる事を信じ、今からでも一日でも早く気付き、頑張って取り組んでいく必要があるようです。

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)