使い分けが必要!ケミカルとノンケミカルの違い

紫外線対策をしていると、よく見る言葉。日焼け止めに書かれた言葉、このケミカル、ノンケミカルの意味をご存知でしょうか?



です。という事で、ノンケミカルは化学成分無配合を意味しています

最近は、このノンケミカルを売りにしているUVケア商品が多いですが、なぜノンケミカルだと良いのでしょうか?

それは、紫外線吸収材を使用しているケミカルだと、一度紫外線を肌に取り込み、それを化学変化させ日焼けを防ぐというしくみで、肌に負担がかかるため肌トラブルに繋がる危険性があるからです。


UVケアのノンケミカルの利点

今、ノンケミカルのUVケア製品が、多くの人から注目され選ばれています。UVケアのノンケミカルの利点は、どのようなところにあるのでしょう。まずノンケミカルとは



のことを指します。特に日焼け止め系のケア製品のほとんどは、紫外線吸収剤を使用しています。紫外線吸収剤はUV-A専用のものやUV-B専用のもの。

どちらも兼用して効果があるものなどがありますが、紫外線を吸収して化学反応を起こす薬剤です。それによって肌に紫外線を通さないという優れた薬剤と言われています。

しかし石油系化学物質のため、



のです。そのため紫外線をケアしているのに、肌を傷めてしまうという矛盾を感じるようになった人たちが、ノンケミカルUVケア製品を選ぶようになったのです。

肌の健康のためには、やはりノンケミカルは絶対におすすめと言えます。また石鹸で簡単に落とせるというところもノンケミカルの利点です。

肌を守ることは紫外線からだけでなく、薬品からもしっかり守る必要もあるのではないでしょうか。

しかしノンケミカルにはデメリットもあります。ノンケミカルUVケアの場合は紫外線錯乱剤を使用していますが、どうしても白浮きしてしまうというところがあります。

紫外線錯乱剤の粒子が水分や皮脂などを吸収してしまい、肌は乾燥しやすくなるというデメリットもあるのです。

そのため美肌成分や保湿成分をしっかりプラスしたノンケミカルUVケア製品も出ています


状況に合わせて使い分ける

紫外線吸収材を使用していないノンケミカルは、ケミカルと比べて肌に優しい成分で出来ているということから、ノンケミカル処方の商品が増えているのです。

ノンケミカル処方は、紫外線混乱材といい、肌を反射させ日焼けが起こらないようにするものです。肌に優しい成分ですが、活性酸素を発生させるため、シミ・シワの原因にもなり得ます

紫外線量の多い長時間の外出にはケミカル、日常的に使用するのにはノンケミカルと、



ケミカルの商品を選ぶ際は、有害物質の成分が使用されていないか確認することも大切です。ケミカル商品は、無色透明で白浮きする事もなく崩れにくいというメリットもあります

ノンケミカル商品は、汗で流れてしまったり、肌に優しい分、効きが悪いと感じるというデメリットもあります。

どちらも一長一短、自分の肌と状況に合わせる事で上手にUVカットをしていきましょう

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)