3種類ある!ウルトラヴァイオレットとは

紫外線を表す言葉を私達はUVと言いますが、UVとは



です。この「紫色を超えた」が語源となるUVの意味とは何でしょうか。

可視光線より短く軟X線より長い不可視光線の電磁波であると言われている紫外線、光のスペクトルで紫色よりも外側になる、という語源からくるものです。

紫外線は不可視光線なので人の目には見えませんが、太陽から地球に届く光線の中で、一番エネルギーが高いのです。

このエネルギーは体内でビタミンDを合成する事ができ、血行や代謝も良くなる効果があるのです。このエネルギーを利用して、アトピー性皮膚炎などの光線治療も行われているのです。

アトピーを治すのは難しくない

紫外線の種類

紫外線にはUV-A波、UV-B波、UV-C波の三種類がありますが、そのうちに地上に届くのはUV-A波とUV-B波のみです。

このうち、UV-B波は皮膚の表面にダメージを与える有害なものです。日焼けや皮膚がんなどは、このUV-B波が原因です。

逆にUV-A波、これはUV-B波ほどの害はないのですが、UV-B波が入らない窓ガラスなどを通ってしまうのはUV-A波のほうです。UV-B波ほどの害はないにしても、長時間浴びることで



UV-A波は雲もガラス窓同様、紫外線を通してしまいます。UV-B波は曇り空だと減少しますが、UV-A波は80パーセントを通すので、曇りでも注意が必要です。

高原や涼しい場所に行くと、まるで紫外線を浴びていないように感じるかもしれませんが、浴びていないのは赤外線であって、通常通りの紫外線を浴びている事を覚えておきましょう

このような知識を身に付ける事から、紫外線対策が始まるのです。


UV-A波とは

紫外線の中のUV-AはUV-Bとともに注意しなければならない紫外線です。UV-Aは太陽光線の90%を占めている、大量に降り注いでいる紫外線です。

紫外線にはUV-Aの他にUV-B、UV-Cがありますが、UV-Cは波長が短いため、太陽から地上まで届かないという性質を持っています。

それに比べてUV-Bは太陽光線の10%しか含まれていないので、UV-Aに比べてずっと影響は少ないように感じます。

しかしUV-Bこそ皮膚癌や白内障などを引き起こす紫外線であり、しっかりカットしなければならないのです。

それに比べてUV-Aはジワジワと皮膚の真皮層まで進入し、コラーゲンなどの美肌成分なども壊していきます

そして皮膚細胞の中を酸化させていき老化を早めることになってしまいます。つまり



と考えられるのです。他にもシミの犯人もこのUV-Aと言われています。そしてこのUV-Aは雲、窓ガラスなどを通り抜けやすい性質があります。

そのため部屋の中でも窓のガラスを通り抜け、カーテンだってある程度通り抜けてしまうのです。


UV-B波とは

太陽に含まれている主な不可視光線にはガンマ線、エックス線、赤外線、紫外線があります。UV-B波は紫外線の一種となります。

UV-Bは太陽光線を10%含んだ紫外線です。UV-Aよりその割合は低くなりますが、



と考えられています。

例えば数時間外にいても、真っ赤に日焼けしてしまったという経験がないでしょうか。この場合はUV-Bの仕業と考えていいでしょう。

肌が赤くなると水ぶくれができ、ぱんぱんに膨れてしまいます。

このように赤くなる日焼けをサンバーンと言われており、サンバーンの原因こそUV-Bが原因していると言われているのです。

UV-Bはとてもエネルギーが強く、皮膚の表面に悪影響を与えることでも知られています。

そして皮膚表面の細胞を痛め、炎症を起こさせる原因にもなるのです。いわゆる日焼けによる皮膚トラブルの犯人と考えられます。特に皮膚癌や白内障の原因になるのは、このUV-Bだということも最近解明されています。

UV-BはUV-Aより波長は短いため、太陽から地上に届く率は少ないわけです。

そのため日傘、サングラス、帽子、日焼け止めクリームなどのUVケア商品を上手に利用して、できるだけ影響を受けないようにしたいものです。

UVカット商品にはUV-Aのみ対象としたものもあるので、必ずUV-Bにも対応しているかチェックしてから購入するようにしましょう。

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)